ホーム  > 受診について  >  老年病科とは

老年病科とは


老年病科科長 秋下 雅弘

老年病科は、内科診療部門に属していますが、大学院講座としての加齢医学講座は、産婦人科・小児科・小児外科とともに生殖・発達・加齢医学専攻部門に属しています。 これは、生物学的時間を基軸として、連続的に加齢現象を把握することを理念としているためです。 加齢医学講座は老年病学分野(教授:秋下雅弘、准教授:小川純人、ほか)および老化制御学分野(講師:浦野友彦)の2分野に分かれ、各々臨床医学的、基礎医学的アプローチにより 加齢医学を究めることを目的としています。

当科では主に75歳以上の高齢者を対象としています。歩行が困難となった、食事が食べられなくなった、普段から元気がなくなった、 など様々な病状の患者に対し、その原因として疾患がないかどうか、とりわけ高齢者総合機能評価(CGA: comprehensive geriatric assessment)を積極的に行い、 検査・診断・治療を行っております。また物忘れ外来には、物忘れを心配なさる方々とご家族が多く受診しています。
平成15年からは、女性医師による女性のための女性専用外来(予約制)を開設し、女性特有の悩みから女性の疾患まであらゆる諸症状に対応しています。

高齢者では、一人の患者様が多くの疾患・問題点を抱えていることが特徴の一つです。 当科の診療の特徴は、臓器別専門医療スタッフがチームとして、全人的包括的診療を指向しているところにあり、最終的には、「病気を治す」だけではなく全人的に「病人をよくする」ことを目標とし、 高齢者を個体として包括的に診療することで個々人に合ったテーラーメード医療を実現し、疾患の治癒のみならず生活の質の維持・向上に努めています。 また、退院支援も含め「地域医療連携部」と緊密な連携を取っており、学内では平成25年設立の医学部在宅医療学拠点をサポートしております。

沿革

当教室は、昭和37年創邦初の老年病学教室として誕生し、平成24年創立50周年を迎えました。 冲中重雄先生(故人、当時第3内科教授との併任)によって開設され、昭和39年より吉川政己先生(故人)が初代専任教授、昭和54年-61年、原澤道美先生(故人)が第2代教授、昭和61年-平成7年、折茂肇先生(現 医療法人財団健康院理事長)が 第3代教授として教室を指導しました。平成7年より第4代教授として大内尉義教授(現 国家公務員共済組合虎の門病院病院長)が着任し、平成24年に50周年記念式典が執り行われました。 平成25年7月に秋下雅弘先生が老年病科第5代教授に就任し、現在に至ります。
なお、医学部附属病院診療科再編成に伴い、当診療科の呼称は、平成10年4月に「老人科」より「老年病科」に改められました。

・平成18年4月以来、22世紀医療センターの中に寄付講座「抗加齢医学講座」(設立当時「コカ・コーラ抗加齢医学講座」)が開講し、井上聡先生が特任教授として就任しました。

世界と日本における老年病学の歴史

世界における老年病学の歴史

  • 1881年

    Laza K. Lazarevic(セルビア)が世界初の老人病院を設立

  • 1914年

    Ignatz Leo Nascher(オーストリア人,のちに渡米)が“Geriatrics”を提唱
    同氏による老年医学テキストブック刊行

  • 1915年

    同氏が New York Geratric Society 設立

  • 1930年

    Marjorie WarrenがCGAを提唱

  • 1942年

    アメリカ老年医学会創設

  • 1947年

    イギリス老年医学会創設

  • 1950年

    ベルギー・リエージュに「International Association of Gerontological Societies」(のちに「International Association of Gerontology」と改称)設立

  • 1960年

    IAGヨーロッパ支部と北アメリカ支部設立

  • 1978年

    IAGが国連よりNGOとして認可を受ける
    IAGアジア・大洋州支部設立
    村上元孝氏がIAG第11代会長に就任(-1981)
    第11回World Congress of Gerontologyが東京で開催(村上元孝会長)

  • 1991年

    IAGラテンアメリカ支部開設
    第4回アジア大洋州国際老年学会開催(折茂肇会長)

  • 2001年

    IAGアフリカ支部設立

  • 2003年

    第7回アジア大洋州国際老年学会開催(大内尉義会長)

  • 2005年

    「International Association of Gerontology and Geriatrics」(IAGG)と改称

日本における老年病学の歴史

  • 1872年

    営繕会議所附属養育院(後の東京都老人医療センター)設立

  • 1906年

    入澤達吉ら「老人病学」刊行

  • 1928年

    尼子富士郎「浴風会調査研究紀要-老年者の生理及び病理研究」刊行開始
    同氏による東大での老年病学の講義開始(-1956)

  • 1956年

    第1回日本ジェロントロジー学会開催(寿命学研究会主催)

  • 1959年

    日本老年医学会創設
    第1回日本老年学会総会開催

  • 1962年

    東京大学医学部老年病学教室開設(沖中重雄教授)

  • 1964年

    日本老年医学会雑誌創刊
    日本老年医学会が日本医学会分科会加盟

  • 1967年

    京都大学医学部老年科学教室開設

  • 1989年

    日本老年医学会認定医(現・専門医)制度発足

  • 1995年

    社団法人日本老年医学会設立

  • 2001年

    英文機関誌Geriatrics and Gerontology International創刊

  • 2004年

    厚生労働省に「老年病専門医」が認められる